主催法人の紹介

一般社団法人全国きもの街づくり協議会は「全国の街に、きもの姿を増やして、美しさと品格のあふれる日本に」を目標に様々な活動を行なっています。
(和装PR活動)
「きものベストドレッサー賞」は2018年からスタート。昨年は男性部門に羽生結弦さん、女性部門に武井咲さんが選ばれ大きな話題になりました。また2019年には女性部門に眞子内親王殿下、男性部門には小栗旬さんが選出されました。
また、全国の各市町村を表彰の対象にした「きものの似合う街大賞」を主催。日本政府観光局の海外向けPR動画撮影への協力や、海外映画祭での和装関連映画の上映協賛など、和装文化の普及・発展につとめています。
(着付け普及活動)
現在、福岡と熊本で「やさしいきもの着付け教室」と題して着付け教室を常時開催しています。福岡大手門教室と博多駅前教室。熊本は光の森教室があります。教室期間中、販売会がないので安心して着付け技術を習得することができます。受講料は一回あたり1,000円が目安です。
今回の「きもの家庭教師」は着付け普及の新しい活動です。